粗大ゴミを処分する方法やその手順は
実際に処分するまで調べないので分からない方は多いです

だからこそ事前の準備として、粗大ゴミの処分に特化した情報サイトを運用しようと考えました。粗大ゴミの処分方法を細かく分けると、区役所や回収業者に依頼する以外にも個人売買やリサイクルショップ等、様々な方法がありますが、大多数の人は区役所、回収業者に依頼をしているのが現実です。個人売買は知識と手間と、何より売れる物・価値のある物が前提となってしまうからです。当サイト「粗大ゴミ情報館」では区役所で処分する方法、回収業者に依頼する方法をメインでご紹介しています。

安い=良い、ではありません
いくら安くても時間と労力がかかっては得とは言えません

一番安価に粗大ゴミを処分するのは自身で処理場へ持ち込む事です。ですが、レンタカーを借りて、重いベッドを自宅から搬出し、処理場へ運び、安価で処分することだけが良いとは限りませんし、重いベッド以外にも処分する物もある場合も多いでしょう。その労力や時間を費用に換算した場合、数万円の価値はあると思いませんか?その換算した価値より業者に依頼して安ければ、粗大ゴミ回収処分業者に依頼するのも1つの方法です。

しっかりと見極める
軽トラックで周っている業者には注意

どこで粗大ゴミを処分するかです。小型粗大ゴミ1点の場合、区役所(行政)で処分してしまった方が良いと思います。ですが、これが数点になり中型・大型の粗大ゴミが入ってくると話は別です。粗大ゴミ回収処分業者に依頼する方が便利な状況が出てきます。2つ目のポイントで、東京都内には数多くの粗大ゴミ回収処分業者があり、価格が高い業者もあれば安い業者、安心できる業者、そうでない業者など様々です。その中でも一番トラブルが多いのは、軽トラック1台でスピーカーで宣伝しながら周っている業者で、こういった業者は高額請求トラブルが全く絶えず、会社を持っていないので特定もできません。その点、法人の業者だと安心できますよね。

業者の値段には相場があります。
臨機応変に対応してくれる業者は◎

粗大ゴミを回収処分する際に、数件電話を掛けてみる方も多いと思いますが、最終的には値段はさほど変わりません。数件の内、電話口で安い案内をされた業者を呼んで見積りをしてもらうと結局他の業者と値段が変わらない、なんてこともよくある事です。その為、相場より極端に安い業者は疑うくらいが丁度いいかもしれません。後々面倒なことに巻き込まれるのは紛れもない自分自身です。業者のホームページ、電話の対応、融通は効くか、などなど判断する箇所は沢山あるので違和感を感じたら注意です。