不用品粗大ゴミは「業者」か「行政」のどちらかで処分

不用品粗大ゴミを処分する時は、そのほとんどが「大きい物がある」または「まとまった量がある」、
このどちらかに該当すると思います。こういった場合、一般的なゴミ回収で処分することは殆どの地域で出来ません。
どんな方法で処分できるのか。どういった手順で処分するのか。費用はどれほどなのか。気になるところは多いと思います。

不用品粗大ゴミは行政で処分する事は出来ますが、大きい物やその量によって手間や回収までの日数が多くかかってしまう事も多く、
すぐに片付けたい場合や、引っ越しなどで期日が決まっている場合は、どうしても利便性に欠けてしまうのが現実です。

そんな時、電話1本で自宅まで引き取りに来てくれる、不用品回収業者に全部任せてしまうのも1つの方法です。
引越しや家具家電の買い替えで依頼される場合も多く、出来るだけ早く手間が掛からずに処分したい時など、
いつでも電話1本で来てくれるというのはとても心強い存在です。

費用は処分量に応じて

費用は処分する不用品・粗大ゴミの量に応じて決まります。当たり前ですが、少なければ安く多ければ高くなります。定額のパック料金を設定している業者もあるので、初めての方や交渉が苦手な方はパック料金の設定がある業者にしましょう。

買取りで安く抑える

業者の中には買取りサービスも行っているところもあります。家具や家電で新しい物、綺麗な物があれば買取ってもらえます。処分費用から買取り額を差し引くので、買取って貰えそうな物があれば電話の段階で伝えておきましょう。

融通が効く業者

重い物は部屋からの運び出しからしてくれる、ゴミの分別はしなくていい、など、自身が手間になる事もまとめて全部任せれる業者にしましょう。引越しと同時の場合、粗大ゴミ以外にも日常ゴミが出るので分別をしなくていいのは、とても楽です。

まずは電話で状況を伝えよう

予約するしないに関わらず、希望の日程が空いているか、大体の費用くらいは事前に確認しておきましょう。
電話ではどんな物があるか、回収地点の状況(マンション?エレベーター?等)を聞かれると思うので、出来る範囲で伝えます。
そうすると概算の見積もりを教えてもらえると思います。逆に値段を言わない業者は危険です。とても。

1点から部屋単位まで依頼出来る

家具家電1点から、部屋まるごと、更には家まるごとまで依頼出来ます。必要な物だけ先につまんで、後はお願いします。という流れでOKです。
自身である程度まとめておくと安くなる場合もあるので、そこは手間か費用か、時間と相談してみましょう。

電話の段階で色々分かる

トラブルを防ぐ為、費用や日程以外にも気にしてみましょう。実際に作業後に当初の価格よりかなり高くなり、トラブルに繋がるケースがあります。
電話当初より処分する物が増えたりと理由があると思いますが、説明不足だったり、逆にそれを故意に狙って釣り上げて来るケースもあり「信頼できる業者選び」というのはとても大事な部分です。
電話の段階で不自然だなと感じる業者は止めておいたほうが無難、結局勉強代と高くつく事にもなりかねません。大体の目安の値段も教えてくれない業者は完全にアウトです。気をつけましょう。

買取りサービスでお得に

本当のゴミを処分する場合あまり関係ありませんが、まだ使用出来る家具家電を処分する場合、少しでも値段を付けてくれる「買取りサービス」を行っている業者が非常にオススメです。むしろ必須と言っていい程です。
買取りサービスが無い業者もたくさんあるので、まずはそこで線引すると良いと思います。

粗大ゴミ不用品回収のプロ業者

【お助けチャチャ】対応エリア:東京都・神奈川県
粗大ゴミお片付け / 買取り / 夜間対応 / 解体・取外し
まずは値段だけでも確認してみることをおすすめします。買取りやパック料金の設定もあるので安心です。
また、状況に応じて臨機応変に対応してくれるので、気軽に電話で相談してみましょう。
おすすめのプロ業者は今後も追加予定です。

不用品粗大ゴミのコラム

様々な業者から選べる

様々な業者から選べる

関東だけでも100社ほどの業者数 粗大ゴミ回収業者の数は関東だけでも100社ほど存在しています。小さい町の便利屋さんも含めるとそれ以上の数になります。…

作業完了まで手間なし

作業完了まで手間なし

区役所は依頼するだけでも一苦労 実際に粗大ゴミを回収処分が完了するまで、どれくらの手間があるのか。 もちろん依頼先によって異なります。根本的な事ですが…

コラム一覧

地域の不用品粗大ゴミ情報

情報一覧