ゴミ屋敷とは?いったいどんなモノなのか

だらしない人?片づけられない人?「いいえ違います」ゴミ屋敷はそんな簡単なことではありません。ゴミ屋敷を知る事で、その人のストーリーが浮かび上がるかもしれませんよ。少しだけ面白いお話へようこそ。

分かりやすく概要を説明しているページからご紹介します。
ニコニコ大百科から引用

ゴミ屋敷とは、家全体もしくは部屋がゴミで埋まっている住居のことである。

主として、家人に掃除の習慣が無い事によって発生する。

家とは文字通り生活の拠点であり、生活の上で発生するゴミを定期的に清掃、処分しなければ様々な問題を引き起こす。

しかし、そうした問題事項をひとたび「気にしない」ようになってしまうと、時間と労力をかけて掃除を行う必要がなくなる。これが習慣化するとどんなに家がゴミで溢れていようが掃除をする必要性、緊急性を実感しなくなり、ゴミは増える一方になってしまう。最終的には、適応力を駆使してゴミ屋敷で生活するテクニックを身につけ、ゴミの中で生活することに違和感を感じなくなってしまう。

結果、ハエやゴキブリ等の害虫の前線基地と化したり、悪臭の発生、ゴミが敷地外の道路や隣家などに侵入、散乱するなど、その家の問題にとどまらない問題と化してしまうケースもあり、酷いケースは公共機関からお叱りを受けたり、ニュースやワイドショーなどで報道されたりすることもある。

なんとなく分かっていただけたでしょうか?

 

ゴミ屋敷になってしまう人って単純にだらしない人だと思いますか?

ゴミ屋敷の住人というのは独居老人の場合が多いです。
近所と付き合いもなく孤独に暮らしているうちに精神的に病んでいき、収集することに固執してしまっているケースが多いです。また、ゴミを捨てられると怒ったり、意固地であったり、近所の悪評も気にせず、精神状態により被害妄想が強く、正常なコミュニケーションが取れない方も多いです。

しかし、彼らは片付けられないだらしない人ではありません。

収集への執着が人よりあり、
ゴミを持ち帰ったりする量が、ゴミを捨てる量を上回っているだけで、そもそもゴミではありません。立派な財産なのです。(拾った物を持ち帰ると遺失物横領になる場合がありますのでご注意)こういった経緯があり「ごみ屋敷」が出来上がります。

概念が違うのが「汚部屋(おへや)」と言われるゴミ部屋です。これは単純に片づけられない人がなる現象ですので同じにしてはいけません。ゴミ屋敷の場合は、人とは少し違うかもしれませんが、しっかりとした信念やプライドがあり、簡単にまとめてしまうと、我が道をゆく収集家でしょうか。

ただ忘れてはいけないのが

ゴミ屋敷はご近所の迷惑になる場合が殆どという事です。

害虫被害や臭い、動物によるアレルギーや火災になった場合、全焼どころか隣・近所まで巻き込む可能性は限りなく高いです。

人が住んでいない、だだっ広いところでゴミ屋敷をやってくれれば、誰も文句も言わないでしょう。現実は近所数メートル内に他人の住宅が建っているので、我が道をゆくのも良いですが、このご時世、気にしないといけない部分でもあります。ご近所さん何だから上手く付き合っていこう!という感じには100人中100人ならないと思うので、上手い対応策を、前例を参考にし実行していく必要があります。回収業者に依頼する方法、役所の強制執行を促す方法、が一番多いのではないでしょうか。

 

このゴミ屋敷のテーマには、引き続き記事を書いていきますので、
目を通していただけたら幸いです。

 

 

関連する記事