どこの業界もそうだと思いますが、悪いことを考える人はいるもので、
粗大ゴミ回収業界で言えば、他の業界よりはその割合が多いかもしれません。

しかし、回収を依頼する前に判断出来る箇所もあるので、是非参考にしてください。

 

akutokugyousha

 

1.回収無料と謳っている回収業者


無料回収や高額買取りを前面に推している業者は注意しましょう。
まず、回収業者はお客さんの元へトラックを出して、ガソリンを使って、労力も使い回収しに来てくれます。
この時点で無料になる理由は1つもありません。

リサイクルショップの様に買取専門店でない限り、高額買取りを謳っている業者も注意が必要です。
電化製品で例えると、納得いく金額を出してくれるのは最新機種の物だけです。

そもそも、いらないから回収依頼をしているので最新機種という場合は滅多にない事だと思います。
結果、回収費を請求されてしまったり、傷を理由に格安で持っていかれてしまったりと、
トラブルの元になるので、電話で念入りに確認するなど対策はしておきましょう。

 

2.会社や事務所の所在地が不明の回収業者


軽トラック1台で営業している回収業者を見たことはあるでしょうか?
恐らくほとんどの方が見たことがあると思います。軽トラックで営業している業者は全て
危ない訳ではありませんが、しっかり事務所や会社を開示しているかを確認しましょう。

自転車を回収してもらい、それを不法投棄され後日警察署から連絡が来る。
というケースもあり、事務所や会社や連絡先も無いので連絡が取れないことも多く、
損をするのは自分なのでよく確認しましょう。

 

3.チラシを郵便ポストに入れる業者


ポストに入ったチラシの内容で「無料回収」「高価買取」など甘いキーワードが入っています。
しっかりした法人が運営してい回収業者は主にWEB広告などで集客しており、
どうしても悪いイメージが付いてしまうポスト投函の広告を避ける傾向にあります。

 

4.法人の場合、マニフェストの発行が義務


法人は事業輩出ごみを回収する場合は、産業廃棄物管理票マニフェストの発行が義務となっています。
発行されない場合は違法行為となり、違反すると罰則がある厳しいものです。
依頼した際や電話でもマニフェストが発行されるかを確認しましょう。

 

akutokugyousha