区役所は依頼するだけでも一苦労

実際に粗大ゴミを回収処分が完了するまで、どれくらの手間があるのか。

もちろん依頼先によって異なります。根本的な事ですが、時間や手間を掛けれないから行政や業者を使う訳で、その使う行政や業者への依頼方法が手間になることはとてもナンセンスです。粗大ゴミの処分なんて、安く手間なく済ませたいのは誰でも同じです。料金だけでもなく、手間だけでもなく、どちらもお得と感じられる依頼方法を事前に勉強しておきましょう。

行政で粗大ゴミを処分する流れ

まず、管轄区役所の専用窓口に申し込みをし、処分したい物全てを伝える必要があります。伝え漏れた物は回収してもらえないので気をつけましょう。

全ての処分したい物を伝えると事前に用意する「有料ゴミ処理券」を案内されます。その有料ゴミ処理券は同区内の取扱い商店、又はコンビニで購入可能です。

有料ゴミ処理券に氏名、又は受付番号を記載し玄関先や、マンションだと回収に来る職員が回収しやすい場所まで運んでおく必要があります。

申し込みをした段階で回収日を指定されるので、それまでに全て準備を整えておく必要があり、行政なのでもちろん融通は利きません。

粗大ゴミ回収処分業者で粗大ゴミを処分する流れ

行政と同じく、業者で依頼する場合も申し込みは必要です。電話口で処分したい物量を伝えます。電話口で概算の見積りを聞ける業者もあるので、見積り金額を聞ける業者をオススメします。

金額に大体納得できたら希望日を伝えましょう。業者に依頼するメリットの1つとして回収日の指定ができるのが行政との大きな違いです。自身の都合の良い日時での予約を確認しましょう。もし埋まっていたら、違う日を指定するか、違う業者にも聞いてみましょう。

あとは回収当日に立ち会うのみです。重い物も軽い物も元の場所から勝手に回収してくれるので、壁に傷を付けないかだけチェックしておきましょう。あとはその場で料金を支払い終了です。

料金だけなら行政、ただ業者はそれ以上のお得感がある

料金だけで見れば行政で依頼する方が安くなります。行政サービスなので税金で補われているからです。手間がかかっても料金が安くなれば良いという方は区役所で依頼するのも1つの手だと思います。

業者で依頼する場合は電話1本で全て完了し、日時も指定できてしまいます。手間はありませんが行政と比べると割高になってしまいます。ただ、リサイクル家電(テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機)が含まれると、業者に依頼する方が安く済む場合があります。

粗大ゴミ回収処分業者の料金はWEBサイトに記載されているので、電話をする前に大体の料金感は把握することができます。

大体の方は業者に依頼する方がトータルでお得

先にも書きましたが、自身で処分する時間がないから、他に頼む方が多いと思います。

そこで手間になる行政に依頼するのは本末転倒感が否めません。

平日動けない方や、重い物を持てない方、単純に面倒な方は業者に依頼するのが料金だけではなくトータルでお得だと思います。