粗大ゴミを処分する時。
自分で処分する人、業者に回収処分してもらう人、このどちらもいらっしゃると思います。当たり前ですが。
これは地域に依存し、もっと言えば住んでいる環境に依存する傾向にあります。

東京は23区でも練馬区と港区の環境って全然違いますよね。別にどちらどうってお話ではないですが、自分で処分する場合は自家用車が必要です。レンタカーという選択肢もありますが、レンタカー代を考えると引っ越しならともかく、粗大ゴミを処分するだけにレンタルするのは、費用面で現実的ではないと思います。

自分で粗大ゴミを処分する場合、自家用車が必要と言ってもフェラーリじゃソファは運べませんよね。23区でも港区と練馬区だったら、どちらが車保有率が高く、且つ、粗大ゴミが入る大きさの車が多いか。考えなくても何となく分かる通り、練馬区でしょう。

まず、環境の差で23区でも郊外の人の方が自分で粗大ゴミを処分しやすい環境だと言えます。エレベーターも限度ありますからね。

 

自分で運べる?粗大ゴミって大体重いけど。

自分や周りの人間で運べる大きさかも重要ですね。ソファやタンスは結構きついんじゃないでしょうか。ベッドフレームは簡単に解体出来ちゃうので、木をして小さくまとめるのは出来ますね。でも、実はベッドフレームなど解体できる物は、解体後も粗大ゴミ扱いになるので、そのままゴミ捨て場にインストールしないように注意です。

話がそれましたが、重い物を運ぶとなるとフラフラっと壁に傷をつけてしまうケースが多々あります。賃貸物件だと笑ってられないです。マンションの方だとエレベーターに乗せるのも結構大変ですよね。ドアが勝ってに閉まってガン!ガン!って。エレベーターには高確率でカメラもあるのでこれにも注意しないといけませんね。

粗大ゴミ処理券で処分する場合も、玄関先やフロントまで下ろすのはセルフサービスですからね。

 

結果、考えると自分で処分できるのって選ばれし者だけかも

粗大ゴミが入る程の大きな車を所持していて、重いものも運べる人が周りに居る状況の方は、処理施設へ自身で粗大ゴミを持っていくことが出来ます。都心部の方にはかなりハードルは高いんじゃないでしょうか。

 

結局、条件とかより単純に面倒だったり

自分で粗大ゴミを処分する方法は「処理施設へ持っていく」「粗大ゴミ処理券で処分する」この2通りになりますが、まあ、どちらも漏れなく面倒です。そんな事より、電話1本で粗大ゴミ回収処分の業者に依頼するのが良い場合も多々あります。1人暮らし、引越しで期日が決まっている、こんな方はささっと業者に依頼しちゃいましょう。