エアコン、テレビ、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫は、大田区役所で回収ができません。

平成13年4月に「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」が施行され、製造メーカーなどにリサイクルが義務付けられました。排出者もリサイクルのための費用を負担しなければならなくなり、品目・製造メーカーなどによってリサイクル料金は異なり、収集・運搬を依頼した場合は別途料金がかかります。

 

 

上記、通称リサイクル家電を処分する方法

購入した家電量販店に回収してもらう方法があります。こちらはリサイクル料金と、収集運搬の費用が掛かります。

買い替えの場合、買い替え先の家電量販店で回収してもらう方法があります。こちらは家電量販店により、安価で回収してもらえるキャンペーン等が開催している場合もあり、タイミングが合えば利用するのが良いです。

粗大ゴミ回収処分業者に依頼する方法。こちらは、リサイクル料金も込みで自宅まで引き取りに来てくれ、費用も安価な場合が多いです。

誰もが家電量販店で家電を購入している訳ではありません。その場合、こちらの家電リサイクルセンターに依頼する方法があります。家電量販店同様に、リサイクル料金と運搬費が掛かります。

 

 

リサイクル料金の目安(平成28年4月1日現在)

  • エアコン:972円から
  • テレビ 小(15型以下):1,836円から
  • テレビ 大(16型以上):2,916円から
  • 冷蔵・冷凍庫 小(170リットル以下):3,672円から
  • 冷蔵・冷凍庫 大(171リットル以上):4,644円から
  • 洗濯機・衣類乾燥機:2,484円から

 

 

リサイクル家電を処分する方法はいくつかありますが、現実的なところ、買い替えの際に購入先に引き取ってもらう方法、粗大ゴミ回収業者に依頼する方法が効率的で安価に抑えられる方法です。リサイクル料金は物にもよりますが、大型冷蔵庫だと5000円近くも必要になり、決して安くはありません。この金額は法律で決められている費用なので安くはなりませんが、運搬や処分費の方で安く抑えたいところです。

 

関連する記事