粗大ゴミは大田区に回収を依頼する方法と、自身で持ち込む方法があります

大田区役所で粗大ゴミを処分する場合は、主にこの2通りの処分方法があります。

 

大田区に回収を依頼する場合

  • 申込順に月曜日から土曜日までに回収してくれます。
  • 回収日や手数料などは、申込みの際に案内されるので、処理券を含め事前に準備しておきましょう。
  • 区の回収を希望で、処分個数が10個までの場合は、インターネットでも申込みも可能です。

 

粗大ゴミ回収の基本的な流れ

粗大ゴミ処理券を購入
行政も粗大ゴミ処分は有料なので大田区発行の粗大ゴミ処理券を、お近くのスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで購入します。

粗大ゴミ処理券に、回収日と名前または受付番号を書いて品物ごとに回収職員の見えるところに貼ります。(受付番号は受付時に案内されます)

回収当日
案内された回収日の朝8時までに玄関先など受付時に決めた場所に自身で出しておきます。粗大ゴミ処理券が貼っていない物、受付をしていない物は回収してくれないので注意が必要です。

 

自身で持ち込む場合

  • 大田区民対象で、当日は住所の確認をされます。
  • 持込みは1回につき10個まで、1世帯年間4回まで
  • 持込日2日前の午後7時までに電話申込が必要(申込みは電話のみ)。日数に余裕をもってお申込みください。

持込場所(京浜島)は申込みの際にご案内されます。持ち込み時の注意点は下記になります。

  • 指定した持込日の受け入れ時間内に申込者本人が持ち込む必要があります。
  • 申込みしていないものは受け入れてくれません。
  • 持込場所やその周辺では処理券を販売していません。また、現金による支払いはできません。
  • 運転免許証など申込者本人の住所が確認できるものを持参する。

 

粗大ゴミを処理場へ持ち込む場合の基本的な流れ

直接処理場へ持っていく場合も、申し込みは必要です。車に積んでいきなり行っても対応してくれませんので注意しましょう。また、申し込み者本人が持ち込む必要があるので、事前の申し込みの際の氏名にも注意しましょう。

 

小型な家具や家電を処分する際は便利だと思います。ベッドやタンスなどの大型家具、大型家電は自身で自宅から搬出し、捨てるところまで自身で全て行う必要があるので、1名で対応するのは不可能です。また、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンのリサイクル対象家電は、持込の場合も受付はしていないので、この場合も大田区役所で処分するのは不可能です。

 

関連する記事